住宅ローンはこんなに面倒くさい?

住宅ローンを借り換えするということはやっぱり非常に大変なようです。やっぱりあなた自身にかかっている問題です。心して構えていただきたいです。

 住宅ローン借り換えにはたくさんの書類が必要になります。しかし、その書類も一度で同じ場所で入手出来るものではありません。それだけ考えても、非常に住宅ローン借り換えは手間の大きな作業です。

 住宅ローン借り換えの際にいる書類とは、まず申込書が必要になります。それは金融機関でも入手出来るかもしれません。更に保証料のかかる場所、保証委託申込書というものが必要となります。その段階で既に金融機関以外の場所で入手する必要性が生まれます。

団体信用生命保険に加入する場合、健康診断を受ける必要まで出てきます。そして、それは病院ということにまでなります。更に給料所得の証明書だって必要になる訳ではありませんか。源泉徴収票や給与証明書・・・こういったものは、会社で申請する書類です。もし、自営業なら確定申告書が必要で、税務署に出向くことになります。

登記簿謄本と言った書類は法務局などと言った場所までまたまた出向く必要があります。そして、住宅ローン借り換えに本人が確認出来る証明も必要です。まあ、実際に自動車免許証などあれば、一番それは簡単にこと済む問題かもしれませんが、結構免許証ない場合、自己を証明することも難しいです。

 住宅ローン借り換えを書類の面で意識するとこんなに面倒くさい問題が出てきます。それを考えてゆとりある対応をしていただきたいものです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP