変動金利型住宅ローンについて考える

住宅ローンには、固定金利型と変動金利型を私達は意識して捉えなければならないです。今、私達の世界には、いろいろ種類も増えてはいるものの基本になっている形はの2パターンです。

 ここでは、変動金利型についてのメリットをお話ししたいと思います。やっぱり、変動金利型住宅ローンのメリットは、金利がかなり低く設定されていることです。金利が下がることによって、返済額の影響を受けます。

 逆に固定金利型住宅ローンとは、その時の金利をずっと背負い続けることになってしまいます。時代とは確定的なものでは決してありませんので、やっぱり固定金利型なら少なからず損する局面に遭遇してしまうかもしれないですよね。

 変動金利型住宅ローンなら、金利が下がっただけその分の恩恵を受けることが出来ます。しかし、金利が上がったからと言ってそのまま影響受けるものでもないのです。 変動金利型住宅ローンの返済額見直しが行われるのが五年に一度で、返済額は上昇しても、その上昇率は1.25倍までとされているためです。 なので、急激な世界の変化があっても、それ程変動金利型住宅ローンで被害被る訳でもありません。

 私達の現在は、低金利の時代と言われています。そのために、高金利に借りることによってメリットの発生する変動金利型は、あまり効果を発揮していない現状です。これから、金利は下がるというよりも上がる傾向にあるでしょう。そういうことまでしっかり踏まえて住宅ローンの意識を持たなくてはならない訳です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP